事故ったら事前準備が大切

交通事故が起きたらまず警察に連絡しけが人いれば救急車を呼んでその後保険会社へ交通事故の被害会ったこと報告します。

通常は加害者側が保険会社へ連絡するのみで鵜が、被害者側も自分の加入する保険会社へ連絡するのがいいので鵜s。理由は過失割合など協議を保険会社担当員と相談して決めることがあり、示談の時トラブルになるケースがあるから。

そして車運転する多くのドライバーは保険会社の示談代行付任意保険加入してると思いますから、示談交渉相手は保険会社担当者であり、被害者の無知に付け込んで賠償額を最低価格に抑えようとする方がいて注意してください。

そして保険会社の方すべて悪い方ではなく、被害者側の出方、知識量に応じ対応変えてくるのはけして少なくありません。

そして交通事故で加害者側で示談交渉するには基本的に保険会社担当者であり、すべての保険担当者が立ち悪い担当者といったことはなく、保険会社との示談するときに意識の持ち方をお伝えします。相手は交通事故のプロであり、正しい手順ふみ正当な賠償金請求するとしっかり損害賠償金払ってくれます。

最低限の賠償金確保できるの確定していて、保険会社恐れすぎないで損はないぐらいで望んでもらえればと思います。しっかり話せば譲歩しあえても感情任せの要求突き付けたがため抵抗の構え見せてくることも。

逆に冷静さ欠いたところに不利な条件かませてくる保険会社もいて、勢いで押し切れるなどと思わないで冷静な対処をしてほしいです。そして、反論あればそれ照明の事実など用意しておくのがいいです。

反対に保険会社に対し補償内容の明確な説明求めるのも必要となります。保険会社の担当者は交渉のプロで、自己案件のプロなのですが、そうした相手に付け焼刃の知識で挑んでみても勝ち目はないです。

ですが交渉前自分なり交通事故に関して知識武装しておくのは大事です。また保険会社の担当者が手ごわいと思ったら無理に一人で進めないで専門偏ることが大事です。

不安抱えて交渉すすめればいつの間に取り返しつかないところまでいるケースもあって、不安に駆られる状況になるほど、大丈夫騙されないと自分も正当化しようとするのです。交通事故紛争処理センターなど外部相談先たよれたりしますから、自分の保険担当者と相談して進めてもらえればと思います。

そして、事故起きたら保険会社は何かしてくれるのか念のためチェックしておいてください。とても大事なことです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です