事故ったら事前準備が大切

交通事故が起きたらまず警察に連絡しけが人いれば救急車を呼んでその後保険会社へ交通事故の被害会ったこと報告します。

通常は加害者側が保険会社へ連絡するのみで鵜が、被害者側も自分の加入する保険会社へ連絡するのがいいので鵜s。理由は過失割合など協議を保険会社担当員と相談して決めることがあり、示談の時トラブルになるケースがあるから。

そして車運転する多くのドライバーは保険会社の示談代行付任意保険加入してると思いますから、示談交渉相手は保険会社担当者であり、被害者の無知に付け込んで賠償額を最低価格に抑えようとする方がいて注意してください。

そして保険会社の方すべて悪い方ではなく、被害者側の出方、知識量に応じ対応変えてくるのはけして少なくありません。

そして交通事故で加害者側で示談交渉するには基本的に保険会社担当者であり、すべての保険担当者が立ち悪い担当者といったことはなく、保険会社との示談するときに意識の持ち方をお伝えします。相手は交通事故のプロであり、正しい手順ふみ正当な賠償金請求するとしっかり損害賠償金払ってくれます。

最低限の賠償金確保できるの確定していて、保険会社恐れすぎないで損はないぐらいで望んでもらえればと思います。しっかり話せば譲歩しあえても感情任せの要求突き付けたがため抵抗の構え見せてくることも。

逆に冷静さ欠いたところに不利な条件かませてくる保険会社もいて、勢いで押し切れるなどと思わないで冷静な対処をしてほしいです。そして、反論あればそれ照明の事実など用意しておくのがいいです。

反対に保険会社に対し補償内容の明確な説明求めるのも必要となります。保険会社の担当者は交渉のプロで、自己案件のプロなのですが、そうした相手に付け焼刃の知識で挑んでみても勝ち目はないです。

ですが交渉前自分なり交通事故に関して知識武装しておくのは大事です。また保険会社の担当者が手ごわいと思ったら無理に一人で進めないで専門偏ることが大事です。

不安抱えて交渉すすめればいつの間に取り返しつかないところまでいるケースもあって、不安に駆られる状況になるほど、大丈夫騙されないと自分も正当化しようとするのです。交通事故紛争処理センターなど外部相談先たよれたりしますから、自分の保険担当者と相談して進めてもらえればと思います。

そして、事故起きたら保険会社は何かしてくれるのか念のためチェックしておいてください。とても大事なことです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

事故に遭ったら必ず警察を呼んだ方が良いです

私が車をぶつけられ、思わぬトラブルになった話です。

スーパーの駐車場で停止していたところ、後ろから追突されました。しかし、車にはたいした傷もなく、お互い急いでいた事もあって、その場は警察も呼ばずにお互いの連絡先を交換して別れました。

後日、念の為にディーラーに点検に出したところ、部品が破損しており交換が必要になった為、その事を相手に伝えると態度が豹変しました。

今までは平謝りだったのが、そっちにも過失はあるだろ?今回の事故でその部品が壊れた証拠はあるのか?等です。

ちなみに私は停止していた為、普通に考えると過失の割合は100対0で相手が悪いです。

部品の交換に関しても、きちんとディーラーで点検をした結果です。

しばらく電話やメールでやり取りをしていましたが、話にならないので保険会社に任せる事にしました。

保険会社にお願いするには事故証明が必要になるので、既に何日か経っていましたが警察に事情を説明して事故証明をもらいに行きました。

その後は保険会社に任せたので私はノータッチだったのですが、相手が100対0を認めないまま2ヵ月が経ちました。

解決しないと保険会社に請求が出来ない為、車は修理も出来ずにディーラーに預けっぱなし、代車も借りっぱなしという状態です。

さすがに迷惑なので自腹で修理をして、弁護士にお願いする事にしました。

弁護士の方は、100対0の事故でも相手が過失を認めないケースはよくある事ですと言っていました。

相手が認めるまで解決しないので長引くケースもあるというのと、最悪の場合は訴訟をする事になりますと言われ驚きましたが、お願いする事にしました。

それから定期的に連絡がありましたが、相手は全く認めないとの事でした。

しかし3ヵ月ほど経った頃、ようやく弁護士の方から相手が100対0で過失を認めたという連絡がありました。

心の底からホッとしました。

事故に遭ってから約半年です。その間にディーラーに何回も足を運んだり、保険会社や弁護士の方とやり取りをするなど、精神的にもとても疲れました。

今思うと事故に遭った時に、素直に警察を呼んでおけば良かったと後悔をしています。前述したように、相手の態度が豹変したり、過失を認めないケースはよくある事みたいですので、事故に遭ったらどんな状況でも警察は呼んだ方がいいと思います。

私の事故の相手もとても優しそうな中年の男性でしたが、修理代の話をした途端に態度が豹変しましたし、相手の見た目等で判断しない方が良いです。

皆さんが私のように嫌な思いをしませんように。
※交通事故で全損

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

中症で自損事故!廃車になったけど車両保険入ってて良かった!

平成29年9月。夏休みにあまりどこにも連れて行ってやれなかった子供たちにせがまれ、少し離れた海釣り公園まで出かけることになりました。

その日は祝日で天気も良く子供たちも楽しみにしており、意気揚々と海釣り公園に出かけました。9月とはいえまだまだ暑く、熱中症や脱水のことを考え、クーラーボックスには一人2本ずつくらいのペットボトル飲料を準備していました。

小学校高学年の長男次男はほぼ初めての釣りで、仕掛けを根掛かりさせることが多く、投げるたびに仕掛けを付け替えていたので自分はほとんど水分補給をすることなく4時間ほど経過。子供たちには合間に飲み物をすすめていましたが。

昼を回って日も高くなり、暑さと空腹で大した釣果もないまま、昼食をとり帰路へ。この時初めてあまり水分を摂っていないことに気付きました。慌ててスポーツドリンクをがぶ飲み。帰りの道中、高速道路を走行していると頭痛が出現し、しばらく走るとふわふわと浮遊感がしてきました。このままでは危ないなと思い、高速道路を降り下道へ入ることにしました。

かなり家の近くまで帰ってきており、普段通っている道だからという油断もあったと思います。下道に入っても頭痛は治まるどころかひどくなっていました。コンビニで休むことも考えたのですが、大丈夫だろうとそのまま走ったのが間違いでした。

突然、大きな音と強い衝撃に襲われたんです。膨らんだエアバッグに車内に充満する煙。助手席と後部座席に寝ていた子供たちは足元に転げ落ちていました。

状況が把握できないまま、とりあえず子供たちを車の外へ連れ出しました。車から降りて自分の車を見て愕然としました。ノアの左前方が大きくひしゃげており、ライトの部分が前輪に食い込んでいました。車体からはオイルが流れ出ていました。

どうやら走行中に意識を失い、ノーブレーキで置いてあったガードレールに突撃したようでした。数十メートル先に自分が吹き飛ばしたと思われるガードレールの残骸。

その一部は歩道にも飛んでおり、もしそこに自転車や歩行者がいたらと思うとぞっとしました。自分も子供たちも怪我はなく痛いところもありませんでした。警察に連絡し、到着を待つ間に実家に電話し子供たちを預かってもらいました。

その後、警察が到着し、状況を説明。体調が悪いのに放置して運転して事故を起こしたことについて厳重注意を受けました。

手続きが一通り終わって、お世話になっているディーラーさんに引き取りに来てもらいましたが、左前輪の破損がひどくレッカーもなかなかスムーズに乗せられず・・・。営業さんは車を見て「よく怪我がなかったね」と。

車の破損状況を見た営業さんは「多分廃車になると思います。修理して出来ないことはないけど。」と言われました。事故のショックと体調不良から考える余裕もなかった自分は営業さんにすべてお任せしました。

数日して営業さんからの連絡があり、やはり廃車にした方が良いと。ローンも残っていましたが、車両保険に入っていたので次の車の購入資金に充てられるだけの金額が下りるとのこと。

車両保険に入っている分、保険料が高く保険料を見直すために車両保険の加入をやめようかとも思っていましたが、入っていて助かりました。貯金と保険料とで新しいノアを購入することになりました。

今度は事故を起こさないように注意して乗ろうと思いました。ちなみに、運転中に意識消失しているので、病院で脳や心臓の精密検査を受け、結果は異状なし。医師の診断としては、「熱中症」ということでした。

たかが熱中症と侮っていましたが、まさか命を落とす羽目になろうとは。暑い時期の水分補給にも気を配るようになりました。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

事故後に当事者同士で示談の話は絶対にしてはいけません

今から20年程前の事。当時20歳の私は夜勤明けでクタクタになった上、眠気との戦いの中、帰路に着くべく、車を運転していました。

自宅近くの交差点で赤信号待ちのため減速したはずが、疲れ、眠気のせいか、既に交差点に進入していた事に気がつき、急ブレーキをかけた時には既に右方向から走ってきた原付バイクと衝突しました。

原付の運転手はまだ10代くらいの若い男性。

慌てて車を降り、倒れている原付の所へ行くなり、その男性は即座に起き上がり、私の胸ぐらに掴みかかってきました。突然の事で私も交差点の真ん中で、取っ組み合いになりました。

時間が経ち、少しお互いが落ち着き話し合った結果、過失は五分五分という事で連絡先を交換し、その場を離れ家に帰りました。

実は原付バイクの男性は飲酒運転だったのです。それに恐れて、何も無かったことにしようとしたのでしょう。

あいにく、車同士は衝突したものの、相手のブレーキが早かったのか私の運転席側のドアが少しへこんだ程度(傷はかなりついていましたが)。相手の原付は片方のミラーが破損していました。

正直、警察沙汰にもならず、保険も使わず大きな事にならずに済んで良かったと安心していた1週間後、

「もしもし、私は〇〇の父親だ。お前が起こした事故で息子の治療費とバイクの修理代を払え」と怒鳴る一本の電話がかかって来ました。

次の日、相手が指定して来た喫茶店に入ると、親子で一番奥のテーブルにいます。

私が席に着くなり、「50万払えば示談にしてやる」との父親の一声。かなり大きな声。周りにはお客さんもいるし、恥ずかしい。っていうか、

お前、飲酒運転だろ?どこ怪我してんの?父親ばかり喋ってるけど当事者のお前は黙ったままかよ?

流石に相手の話や要求が全く理解出来ない状況なので、その時の事故状況を全て話しましたが、全く納得出来ない様子でまだ大声で示談金がどうの、病院代がどうのと叫んでいます。

最初は冷静に相手の話を聞いていましたが、流石の理不尽さに、僕もだんだん腹が立ってきて、

「このままではらちがあかないので、僕の知り合いに弁護士がいるから今から呼んで、間に入って話しましょう」

知り合いの弁護士に来てもらい、あっさり話はまとまりました。

借りて来た猫ってこういう状況を言うんだと痛感するくらい、弁護士が来た時には2人とも猫みたいになってました。

結果は僕の不注意という事で、全て込みで10万円で示談。良かったのかどうかは分かりませんが、後でこんなめんどくさい事になりかねないので、事故を起こしたら、冷静に、保険屋と警察にすぐに連絡するべきって事を勉強させてもらった『初事故』でした。

皆さんも気をつけて運転して下さい。また、事故の時には冷静に大人の対応を。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

車と等級次第で保険料は変わる。もちろん、事故をすれば保険料は上がります。

保険の等級についてです。私ではないんですが、前工場で働いていた同僚は常に事故を起こす人でした。

私は20という等級で、15年前に一回起こして以降起こしていません。現在はゴールド免許ですし、自分で言うのもなんですが真面目に自動車を利用しています。この同僚の等級はほぼ1~3でうろうろしておりました。

しかも自動車がスープラというスポーツカーで私のような、軽自動車の貨物と違って俗に高級車ですね。自分は足以外での車は考えてないので、彼のように激しい運転をする為に保有している訳ではありません。

どうもサーキット場に行っては無理をして、事故をおこしたりしているようです。私には理解出来ない話です。

しかしそれより驚くのは保険料です。年間50~60万円するというのです。私は月2500円くらいですから年間換算20倍という話です。すごいなーと思うのは彼はそれを一括で支払うというのです。

実は、この会社の役員の息子さんなんですね。いやーお金持ちはスケールが違うなと思いました。私の貨物の軽自動車のローンより、はるかに年間支払いが多い。自分は駐車料金だけでもひいひい言っているのに余裕があるのがうらやましく感じました。

彼は事故を起こすんですが、意外にも無傷で会社に来ます。そこがまた運がいいと思いました。一回車が大破した事がありましたが、それでもほぼ無傷でした。

彼は確かに無茶はしますし、ぼんぼんという感じですが、性格は悪くはないのでよく話相手になっていました。ちなみに仕事は私が教えていました。

これまでやっていた仕事が終了した彼は、私のところで面倒を見る事になり、話し相手もいない彼はよく車の保険料を愚痴っていた訳です。

一番困ったのが、あまりに事故を起こすのでブラックリストにのるレベルであるという事です。もはや入る保険会社もだんだんなくなるという始末になり、いい加減やめたらどうだという私の指摘に、唯一の楽しみだと断固拒否。

自分の勤めていたところは、結構田舎なので車を失うという事は、足を失う事になりますので途端に不便となります。バスもろくに通っていないので、早く走るとか恰好つけたい以前に彼は車自体をなくす危険性があるのです。

幸いレース場の中でやっている事故なので、違反ではないんですが、事故を起こしてレッカーなどは自腹となるのでかなり保険料以外にも金が放出しているようでした。私は軽の貨物でゆっくりのんびり走るのが好きです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする